アドバンテージホース競馬予想 

JRAの重賞予想を中心に馬場適正、個々の力、馬のアドバンテージを見極めて的中を目指すブログ。あなたの競馬ライフの一助になれば幸いです。

有馬記念2018 好走血統傾向 ノーザンテースト内包馬

f:id:westcompany:20181214205517p:plain



(スポンサーリンク)


こんにちわ。
今回は12月23日に開催される有馬記念
の好走血統について深堀りしていきます。

有馬記念はノーザンテースト内包馬が強い!

f:id:westcompany:20181214210003p:plain
この表は
”有馬記念過去5年馬券になった馬”
になります。
馬券の席数は15なんですが頭数は11.
ということはリピーターが存在するレースに
なるわけです。

この11頭の中にノーザンテースト内包馬は何頭?

・キタサンブラック
・ゴールドアクター
・オルフェーヴル
・ゴールドシップ

となります。
なんだ!少ないじゃないか!!
と思われるなから席数の占有率は8/15
なんと半分以上を占めるのでこれは今年の
有馬記念でも内包している馬は深堀り
しておきたい材料になります。



(スポンサーリンク)

有馬記念2018ノーザンテースト内包馬は

・オジュウチョウサン
・キセキ
・サクラアンプルール
・パフォーマプロミス
・ミッキースワロー

今年はこの5頭になります。
レイデオロはここには入っていませんので
穴馬考察に使えそうですしどの馬にもチャンスが
ありそうですね!

1頭ずつ深堀りして行きます。

有馬記念好走血統馬ノーザンテースト内包馬 オジュウチョウサン

f:id:westcompany:20181214211436p:plain

今年の有馬記念の目玉の馬であるオジュウチョウサン。
障害の絶対王者の挑戦になるわけですが平地では
500万-1000万と連勝している実績のみです。

G1のここで勝ち負けするのか?
このレース最大の関心事になりそうですね。
父ステイゴールドはここ5年で1-0-2-6とまずまず。
多くの競馬ファンが期待している馬になりますので
ノーザンテースト内包を武器に活躍して欲しいところですね。

有馬記念好走血統馬ノーザンテースト内包馬 キセキ

f:id:westcompany:20181214211853p:plain
秋4戦目で上積みが疑問視されるキセキ。
ですが、ここ3戦の内容は復調している
走りを見せており実績面ではこのメンバーでは
屈指の存在。

連戦の疲れが心配ですが力をつけた
今なら中山の先行有利なコースを味方に
チャンスもありそうですね。

有馬記念好走血統馬ノーザンテースト内包馬 パフォーマプロミス

f:id:westcompany:20181214212208p:plain

2018年シーズンはG2を二つ勝つなど晩成の血統を
開花させた印象に。
中山2500mも準OP勝ちで経験済というのも
大きなアドバンテージになります。

Cデムーロ騎手が鞍上というのもプラスに
作用しそうですしここも好走血統馬らしく
チャンスはありそうですね。



(スポンサーリンク)

有馬記念好走血統馬ノーザンテースト内包馬 ミッキースワロー

f:id:westcompany:20181214212620p:plain
前走のJCでは5着に好走するなど調子を
上げてきている印象の同馬。
中山コース 2-1-0-1とコース相性はバッチリ
ですのでここは狙いが立ちそうですね。

一瞬の良い脚の使いどころ次第に
なります。
前走のJCでは勝ったアーモンドアイよりも
上がり3Fが速かったことも踏まえておきたい材料に
なります。

有馬記念好走血統馬ノーザンテースト内包馬 サクラアンプルール

f:id:westcompany:20181214213145p:plain
7歳馬ですが衰えは感じさせない
走りをみせている同馬。
春の日経賞でもしぶとく追い込んで3着の
実績もあります。

中山コース3-1-2-4と崩れておりませんので
ここは中間の調整次第では1発もありそう
ですので警戒したい1頭になります。

有馬記念好走血統 まとめ

今年はノーザンテースト内包馬が5頭しか
おりませんがいずれも上位を狙えそうな馬ばかり。

オジュウチョウサンに注目が集まりそうですが
中山巧者も多くこのゾーンの馬が好走すれば
高配当は間違いなし!
中間の調整が良い馬を積極的に狙って
行きたいと思います。



(スポンサーリンク)