アドバンテージホース競馬予想 

JRAの重賞予想を中心に馬場適正、個々の力、馬のアドバンテージを見極めて的中を目指すブログ。あなたの競馬ライフの一助になれば幸いです。

ホープフルステークス2018 好走血統傾向 クラシックレースに強い種牡馬

f:id:westcompany:20181223135622p:plain



(スポンサーリンク)


こんにちわ。
今回は12月28日に開催されるホープフルステークス
の好走血統について深堀りしていきます。

ホープフルステークスはクラシックに強い血統が強い

f:id:westcompany:20181223135622p:plain
この表は
”ホープフルステークス過去4年馬券になった種牡馬”
になります。
ご覧の通りに
・ディープインパクト 2勝
・キングカメハメハ  1勝
・ハーツクライ    1勝

と近年クラシックレースに強い種牡馬の仔が
優勝しています。

なぜ?過去4年分の傾向を探る必要が?

中山コースは水はけが悪いことで
知られていました。
2014年の4月開催終了後~2014年12月開催までの間
に馬場改修工事が行われて傾向が一変したので
過去4年のデータで好走血統傾向を分析している
次第になります。



(スポンサーリンク)


ホープフルステークス 好走血統傾向 ディープインパクト産駒

今年のエントリーしている馬の中では
ディープインパクト産駒は僅かに1頭だけ。
まずはここを深堀りしていきます。

ディープインパクト産駒 ヴァンギャルド

f:id:westcompany:20181223140759p:plain

ここまで2戦1勝の馬になります。
母は欧州でG3勝ちの実績がある馬で
サドラーズウェルズに遡るパワー優勢の
配合の馬。

この馬自身は前走の東京スポーツ杯2歳ステークス
でタイム差なしの3着に好走しました。
しかもデヴュー2戦目この成績になりますので
叩いた上積みは必至かと思いますので
ここは期待したい1頭になります。

ホープフルステークス 好走血統傾向 ロードカナロア産駒

2018年牝馬三冠を獲得したアーモンドアイの父は
”ロードカナロア”
になります。
他にも3歳でマイルチャンピオンシップを制したステルヴィオも
いますので新たなクラシック種牡馬と言っても過言ではありません。
来年の種付け料が1500万円にUPしキングカメハメハよりも高くなった
ことでも知られています。



(スポンサーリンク)

ロードカナロア産駒 サートゥルナーリア

f:id:westcompany:20181223141857p:plain

母は日米オークスを制した名牝であるシーザリオ。
兄弟にはJC、菊花賞を制したエピファネイアが
いますのでかなり期待できそうですね。

この馬自体も新馬-特別戦と連勝してここも
圧倒的に人気になりそうですが兄弟馬が
早い時期から活躍する傾向の母系になりますし
ロードカナロアの勢いも踏まえるとチャンスは十分ですね。

ホープフルステークス 好走血統傾向 他の注目馬ですが

今年はキングカメハメハ産駒とハーツクライ産駒がおりません
ので他でピックアップしてみたい馬をとり挙げます。

ジャスタウェイ産駒 アドマイヤジャスタ

f:id:westcompany:20181223142546p:plain
ハーツクライ産駒の替りではありませんが
そのハーツクライの仔でジャスタウェイ産駒が
おりましたので深堀りします。

この馬は3戦2勝。
兄弟には豪でG1勝ちのあるアドマイヤラクティが
いる良血馬になります。
好位付け出来る脚質も魅力になりますので内枠に
入れば1発も狙えそうかと。

ハービンジャー産駒 ニシノデイジー

f:id:westcompany:20181223143110p:plain

この馬は4戦3勝。
既に重賞を2勝挙げている実績だけ見れば
首位候補になります。

父のハービンジャー産駒は秋華賞馬ディアドラ
マイルチャンピオンシップ勝ち馬・皐月賞2着のペルシアンナイト
を出していますのでクラシックにも好走例のある馬と言えます。



(スポンサーリンク)

まとめます

今年のホープフルステークスは前哨戦の内容を
見てもかなり有力どころが使ってくる印象が
ありますので見どころがありそう。

クラシックで好走実績のある種牡馬が活躍する
シナリオになるのか?それとも新星が現るのか?
注目したい1戦になりますね。