アドバンテージホース競馬予想 

JRAの重賞予想を中心に馬場適正、個々の力、馬のアドバンテージを見極めて的中を目指すブログ。あなたの競馬ライフの一助になれば幸いです。

中山金杯2019 好走血統傾向 スタミナ色強まる傾向

f:id:westcompany:20181231181339p:plain



(スポンサーリンク)


こんにちわ。
今回は中山金杯の好走血統傾向に
ついて深堀りしていきます。

中山金杯ではスタミナ色の血統が強まる

f:id:westcompany:20181231181339p:plain

”中山金杯過去5年馬券になった種牡馬”
になります。
こしてみるとかなりの偏りが
散見されますね。

それは・・。
”自身が2400m以上のG1を勝ったことのある種牡馬”
という切り口になります。




(スポンサーリンク)

中山金杯好走血統 種牡馬

f:id:westcompany:20181231182143p:plain

・ステイドールド 2勝
・キングカメハメハ 2勝
・ディープインパクト 1勝

ここ5年ではこのような偏りが
散見されています。
いずれの種牡馬も2400m以上のG1勝ちが
ある馬になります。

スタミナ色が強まっている
印象になりますね。

逆に2400m以上のG1勝ちのない馬の
種牡馬は
4頭しかおりません。
ですので、ある程度のスタミナが必要な
コース設定になっていることが判るかと
思います。

中山金杯 母父も見てみます

f:id:westcompany:20181231182443p:plain



(スポンサーリンク)

これを母父に変えてみてもご覧の通りに
スタミナ色の強い種牡馬がずらりと
揃います。

A→Cコースに替わりますがこの時期の
中山の芝コースはタフな傾向になっているので
このような偏りが出るのかもしれませんね。

中山金杯 好走血統傾向 軽視したい馬は?

f:id:westcompany:20181231183634p:plain

名牝ウォッカの仔で前走準OPを
勝っておりますが父のフランケルが
2000mまでのレースしか勝っておりません。

これまでの考察から考えても血統的には
かなりキビシイ印象で考えたいところ
になります。

ソウルスターリング以外は距離の不安を
抱える馬ばかりになりますのでここは
軽視の方向で良いかと思います。