アドバンテージホース競馬予想 

JRAの重賞予想を中心に馬場適正、個々の力、馬のアドバンテージを見極めて的中を目指すブログ。あなたの競馬ライフの一助になれば幸いです。

アドバンテージホース競馬予想

アドバンテージホースとは?

f:id:westcompany:20190302122403p:plain

こんにちわ。
アドバンテージホースの管理人COZYです。
このブログはJRAの重賞競争を中心に
競馬予想をお送りして行くブログになります。

アドバンテージホースの記事更新ですが

f:id:westcompany:20190302123334p:plain

この表にあるようにやって行くスタンスに
なります。

ユーチューブチャンネル

www.youtube.com

こちらでユーチューブチャンネルも運営中!
こちらのチャンネル登録もよろしくお願い致します。

twitterもやっています。

twitter.com

こちらでは稀にある異常投票馬の話や
競馬に関する呟きをしておりますので
是非フォローして競馬ライフの一助になる内容に
仕上げてあります。


多くのフェーズであなたの競馬ライフの
一助になる内容に仕上げて参ります!
今後ともアドバンテージホース競馬予想
をご贔屓によろしくお願い致します。

オールカマー2019枠順確定後の見解

オールカマーの枠順確定しました。
損した馬、得した馬分かれるかと思います。

今回は過去4年分の(中山開催のみ)枠順別
の成績とこれまでの分析を踏まえて解説
して行こうかと思います。

週末の天候悪化でピックアップ出来る
馬もいるかもしれませんよ!



(スポンサーリンク)

この記事の動画です

オールカマー枠順確定

f:id:westcompany:20190920201558p:plain
https://twitter.com/netkeiba/status/1174880986632310784/photo/2
より引用

2019年重賞だけを使いすべて人気以上に走り
国際G1まだ届いたウインブライトは7枠7番。
昨年の覇者でこのレースで復活をきするレイデオロ
は7枠8番。
前走重賞勝ちで復活したミッキースワローは1枠1番に
入りました。

ここ4年のオールカマーの枠順別成績

f:id:westcompany:20190920202243p:plain

ご覧の通りに5枠の成績が良い傾向に
なりますね。
複勝率50%なら狙いたいところではありますが
今年はなんと!トニーファイブ。
このデータを信じて好配当狙いもあり!?



(スポンサーリンク)

中山競馬場のお天気ですが

f:id:westcompany:20190920202902p:plain
JRA中山競馬場の天気 - goo天気
より引用

う~んこれは道悪の巧拙を問われるような
馬場になりそうな気配でもありますね。
土曜日の馬場傾向はキッチリと踏まえて日曜日
の軸馬予想につなげていきたいところ。

オールカマー枠順確定後に推したい馬 クレッシェンドラヴ

db.netkeiba.com

道悪成績1-1-0-1ですし芝2200m2-0-1-1
と崩れておりません。
地力強化真っ最中の今なら道悪というアシストを
受け手好走出来るチャンスかと。

前回も取り挙げたようにこの馬は休み明け(10週以上の間隔をあけたとき)
4-2-0-1と状態がフレッシュな時に好走する傾向がありますので
ここは注目してみたいですね。

【神戸新聞杯2019】追い切り(調教)評価BEST3

アドバンテージホースメールマガジン
重賞競走の先行予想動画や
本命候補の動画のお届けそして
ココでしか書かない情報もメールでお届け
します。
勿論、、無料ですのでまだ登録済でない
という方はこの機会に是非!!
メルマガはこちらからご登録くださいね。

追い切り評価の動画です


ツィッターも始めました。
よろしければフォローして頂ければ幸いです。

<スポンサーリンク>


追い切り(調教評価1位)

ヴェロックス
栗CW 単走
83.0-66.5-52.1-38.0-12.3

1週前栗CW良 82.7-11.7と2週連続と猛時計
をマークしております。
1週前の終いのキレを見るとひと夏を超えて成長した
印象に。
臨戦態勢は整った印象になります。

近走の状態

最終調整を終えて陣営は
「無事に夏を過ごせた。放牧に出しても緩むことなく
バランスも良くなっている」
とのこと。

皐月賞-ダービーと馬券圏内に走っておりますし
ここも距離2度目になりますので楽しみの方が
多いですね。
馬体は余裕がありますが2強でどちら?と言われると
こちらです。




追い切り(調教評価2位)

サートゥルナーリア 
栗坂 良 単走
52.4-37.4-23.8-12.0

1週前 栗CW 83.1-11.9 と長め猛時計でしたが最終調整は
整える程度思いきや動き、手応えがまるで違う動きを披露。
気性難はこの調教からは感じられなかったのも良いですね。

近走の状態

陣営も「放牧から帰厩後は、ダービー前より楽に立ち上げられた。
パワーがあるので道悪も大丈夫だ」
とのこと。

「出遅れたので、まだ2400メートルが長すぎるかどうかは分からないね。
今回がテストになると思う」
これがルメール騎手のコメントですが距離に一抹の不安がありそう。
このあたりが少しだけ引っかかりますね。

<スポンサーリンク>

追い切り(調教評価3位)

シフルマン
栗CW
81.8-66.2-51.9-38.7-12.5

休み明けではありますが本数をこなしておりますし
時計も動きも○
しまいのキレがかなり目立った1頭に見えました。
2強以外であればこれかなと。

近走の状態

陣営も「しまい重点。
折り合って乗りやすかった」
とのこと。

母系からはギュスターヴクライも出ており長距離重賞は
苦にしない印象です。
この秋ハービンジャー産駒が人気で惜敗している点が
気にかかるところではあります。

今回は以上になります。
何かご質問があればこちらまでお便り下さいね。
お問い合わせはこちらからどうぞ

COZYでした。



<スポンサーリンク>