アドバンテージホース競馬予想 

JRAの重賞予想を中心に馬場適正、個々の力、馬のアドバンテージを見極めて的中を目指すブログ。あなたの競馬ライフの一助になれば幸いです。

アドバンテージホース競馬予想

アドバンテージホースとは?

f:id:westcompany:20190302122403p:plain

こんにちわ。
アドバンテージホースの管理人COZYです。
このブログはJRAの重賞競争を中心に
競馬予想をお送りして行くブログになります。

アドバンテージホースの記事更新ですが

f:id:westcompany:20190302123334p:plain

この表にあるようにやって行くスタンスに
なります。

ユーチューブチャンネル

www.youtube.com

こちらでユーチューブチャンネルも運営中!
こちらのチャンネル登録もよろしくお願い致します。

twitterもやっています。

twitter.com

こちらでは稀にある異常投票馬の話や
競馬に関する呟きをしておりますので
是非フォローして競馬ライフの一助になる内容に
仕上げてあります。


多くのフェーズであなたの競馬ライフの
一助になる内容に仕上げて参ります!
今後ともアドバンテージホース競馬予想
をご贔屓によろしくお願い致します。

小倉記念2020先行予想|ハンデ増減と前走との斤量差考察

こんにちわ。
今回は小倉記念のハンデの増減と斤量差
考察についてお話しします。

・好走斤量ゾーン
・前走からの斤量増減別データ
・以上のデータからピックアップ出来る馬

この3点に注視してチャンスのある馬を
深掘りして行きます。

この記事の動画です


小倉記念好走斤量ゾーン

小倉記念は荒れるハンデ重賞です。
まずここではどの斤量が馬券になって
いるのか?をコンセプトに好走斤量ゾーン
について見て行きます。
軽い方が有利?それとも重い方が有利?



(スポンサーリンク)

小倉記念好走斤量ゾーンは54キロと56キロ

f:id:westcompany:20200810140830p:plain

これは、過去5年の小倉記念の斤量別の
成績を示した表になります。
54キロと56キロのゾーンで馬券席数4席づつ
獲っているようにこのゾーンは相性が良いと言えそうですね。

特徴がありましてそれは・・。
54・56キロゾーン共に牝馬の台頭はない
これがポイントになります。

小倉記念前走との斤量の増減の特徴は?

f:id:westcompany:20200810141846p:plain

ご覧の通りに「今回斤量減」
のゾーンが馬券席数を多く獲得しております。

今回斤量増も勝つかそれ以外かのゾーンに
なっております。
この2勝挙げているのはメールドグラースとトリオンフ。
この2頭はいずれも1番人気の馬でしたので斤量増の馬は
人気どころでないとキビシイかもですね。



(スポンサーリンク)

小倉記念ハンデ増減と斤量差から狙える馬

ここまでの2つの考察から


◆ポイント◆

・好走斤量ゾーンは54キロと56キロ
・前走から斤量減の馬が有利



この2つのポイントがピックアップされますね。
コレを踏まえつつチャンスのありそうな馬を
ピックアップして行きます。

小倉記念ハンデと斤量増減から狙える馬 ランブリングアレー

4-3-1-2

父:ディープインパクト
母:ブルーミングアレー
母父:シンボリクリスエス

斤量55キロ→53キロ
今回、斤量減のゾーンに当て嵌まります。

それに加えて
・サマーセント50キロ→52キロ
・サラス   54キロ→53キロ

牝馬限定G3勝ち馬よりも評価されて
いる印象があります。
このあたりを踏まえるとJRAのハンデキャッパー
はこの馬の能力をかなり買っているんだなといった
印象になります。

材料は揃ってきている印象になりますので
後は追い切り評価BEST3で上位評価出来る内容
であれば積極的に狙いたい1頭になります。

小倉記念2020調教・追い切り評価(1週前)厳選の1頭&コース解説

こんにちわ。
今回は、小倉記念が
行われます小倉芝2000mのコース解説
と1週前調教・追い切り評価の厳選の1頭
をお話しして参ります。




(スポンサーリンク)

この記事の動画です


小倉記念のコース解説

f:id:westcompany:20200808174116p:plain

小倉記念過去5年のラップ傾向

f:id:westcompany:20200808173643p:plain


ここ5年ではすべて良馬場での開催になって
おります。
f:id:westcompany:20200808174314p:plain
小倉記念も上がり1位の馬が1着を
獲れていない傾向になっております。
やはり小回り+スパイラルカーブのコースになりますので
よりも位置取りと持続力に注視したいですね。



(スポンサーリンク)

小倉記念2020 1週前(調教)追い切り評価厳選の1頭

ランブリングアレー
栗東CW 64.3-12.4

一杯に追われる内容で調子の良さを
感じさせる動きを披露。
2連勝の勢いをキープしているように
思えますし一段馬が上がった印象に。

2020年は3-1-0-0と本格化の兆し。
斤量差が補正されるハンデ重賞ならチャンスは
ありそうかと。